パチンコ店の正社員、待遇や働き方の実態を大調査!

パチンコ店はたくさんの正社員が支えています!

でも、実際の正社員さんの様子って分からないことが多いですよね。

アルバイトのイメージが強く、パチンコ店の正社員がピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は「どんな待遇で働いてるの?」「どんな働き方をしているの?」など、パチンコ店で働く正社員の気になる実態を調査しました!

正社員の給料ってどれくらい?

パチンコ店の正社員は給与や手当が高い

正社員のお仕事で気になるのは、やはり給料の面ですね。1ヵ月の金額はもちろん、年収やどんな手当があるかも気になるところです。

パチンコ店というと「給料が高い」というイメージがある方が多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

基本の給与

まずは正社員の1ヵ月のお給料を見てみましょう。

2018年8月末時点のWEBアルパアルパパチンコに掲載中のパチンコ店正社員の求人情報を見ると、平均月給は22.8万円~28.1万円となっています。

厚生労働省発表の2017年の大卒の平均初任給は20.61万円※1なので、高めの金額であることが分かります。

さらに、多くのパチンコ店では、この金額にプラスして諸手当が支給されます。

アルバイトから正社員になった際には、アルバイト時代の実績を加味した金額でスタートしてくれるところも!

これまでのがんばりがしっかり評価された上に、その後は正社員として更なるキャリアアップも可能になりますので、やる気もよりアップしますね。

昇給

多くのパチンコ店で昇給があります。

昇給は1年に1回の会社が多いですが、毎月チャンスのある会社もあるなど、タイミングはまちまち。昇給するためには、その会社の人事評価制度をクリアすることが条件になります。

自身のがんばりを目に見える形でしっかり評価してくれるので、「もっとがんばろう!」という意欲がわいて来ますね!

ある会社では、昇給の結果20代で年収400~450万円程度になったという方もいらっしゃるんだとか。キャリアアップを重ねていけば、さらに高額な給料も夢ではないかもしれません。

また、多くの会社で年2回の賞与(ボーナス)があるそうです。がんばった分だけしっかり還元してくれるので、働きがいがありそうですね。

諸手当

基本の給与とは別に、条件に合えばいろいろな手当が支給してもらえます。

雇用形態に関係なく支給されるものもありますが、多くは正社員を対象に支給されます。

代表的なものを以下にあげてみました。

通勤手当 通勤にかかる費用を会社が負担してくれるもの。支給金額の上限が指定されている場合があります。
役職手当 特定の役職に就くと支給されます。
休日手当 休日に出勤した際に支給されます。
時間外手当 時間外勤務をした際に支給されます。
住宅手当 家賃補助をしてくれるもの。手当のかわりに社宅や寮がある場合があります。

この他に、勤務日の食費の補助をしてくれる食事手当や、扶養家族がいる場合などに支給される家族手当、特定の試験や資格などに合格し、一定以上の能力があると認められると付与される能力手当など、様々なものがあります。

基本の給料が高めな上に、色々な手当がつくので、パチンコ店の正社員に支払われるお金は一般的に高いことが分かりますね。

支給される手当しだいでは、1ヵ月に30万円近い給料をもらえる可能性もあるかもしれません。会社によって支給される手当は違いますので、求人情報をしっかり確認しましょう!

どんな待遇があるの?

パチンコ店の正社員の待遇が手厚くて安心する女性

給料ももちろん重要ですが、働く上では福利厚生などの待遇も気になりますよね。

特に正社員はどんな待遇があるかによって、働きやすさが大きく左右されることもあります。

では、パチンコ店にはどのような待遇があるのでしょうか。

各種社会保険

各種社会保険とは次の4つの保険をまとめた呼び方です。※2

  • 雇用保険・・・失業した際に失業給付金が受けとれる保険。保険料は従業員と会社の双方で負担します。
  • 労災保険・・・仕事中や通勤中にケガや病気に見舞われた際に、給付金が受けとれる保険。保険料は会社が全額負担します。
  • 健康保険・・・仕事以外でケガや病気に見舞われた際に医療費の一部を負担してくれたり、医療給付金が受けとれる保険。加入者には保険証が配布されます。保険料は従業員と会社が折半で負担します。
  • 厚生年金保険・・・将来、基礎年金に加えて厚生年金を受けとることができる保険。保険料は従業員と会社が折半で負担します。

従業員が正社員などの常用雇用の場合、会社は従業員をこの4つ全ての保険に加入させなければなりません。

基本的に手続きや保険料の納付は全て会社が行ってくれますので、難しい書類などはありません。

正社員になる以上、やはり長く働きたいですよね。そんな時に、もしもの時への備えが万全だと、安心して働けます。

社員寮・社宅

パチンコ店を運営している会社の中には、社員寮や社宅に入居できる制度がある場合も。

社員寮・社宅の制度には、会社が所有・管理する寮や社宅に入居する場合と、会社が不動産と契約して借りた物件(借り上げ社宅)に入居する場合の2パターンがあります。

どちらも個人で借りるより自己負担する家賃が大幅に安かったり、物件を借りる際に必要な敷金・礼金を会社が負担してくれたりと、経済的にとても安く抑えられ、家計が大助かりです。

会社によって、入居者を独身者のみに限っていたり、ファミリーで住める社宅を用意してくれたりなど、入居の条件は様々です。

社員寮・社宅の制度がなくても、住宅手当で家賃を一部補填してくれる場合がありますので、募集要項をしっかり確認しましょう!

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

産休・育休

パチンコ店の正社員にも、もちろん産休・育休があります。

産休とは、正確には産前産後休暇のこと。

産前は請求をすれば出産予定日の6週間前から取得できます。産後については、出産した翌日から8週間は就業させてはいけないと労働基準法で定められています。

一方で、育休(育児休暇)は子どもが生まれてから1歳になる日(誕生日の前日)までの期間で、申請をすれば取得できます。

こちらの記事にあるように、パチンコ業界の育休取得率は男性が5.7%(他業界3.2%)、女性は100%(他業界81.8%)と、他業界に比べてとても高いです。

さらに、育休後の復職率は男性が100%、女性は81.8%と、育休を取得した人の多くが、その後復帰しているそうです。

その他のうれしい待遇

○自家用車での通勤可

地方や郊外のパチンコ店では、とても広い駐車場を保有しているところが多いです。そういった店舗では自家用車での通勤がOKの場合があります。

自家用車でなら、天気が悪い日でも通勤に困ることはありませんし、出勤前や仕事帰りにスーパーに寄って買い物をして帰ることもできます。

自家用車通勤に関して条件があったり、交通費支給に規定があったりする場合があるので、入社前にしっかり確認しましょう!

 

○インフルエンザ予防接種の費用負担

ある会社では毎年、社員全員のインフルエンザ予防接種の費用を全額負担してくださるそうです。

パチンコ店は接客業ですので、スタッフが店内にウイルスを持ち込んでしまうこともあれば、お客さまがウイルスに感染していることに気づかないまま来店される、ということも考えられます。

そういった場合にウイルスを広めてしまわないように、この制度を行っているそうです。

インフルエンザの予防接種は健康保険の適応外で全額自己負担となるので、会社で全額負担してもらえるのはとてもありがたいですね。

 

○リフレッシュ休暇

リフレッシュ休暇とは 、その名のとおり、従業員のリフレッシュを目的とした休暇制度

厚生労働省の定めるところによると、「 一定の勤続年数を有する者の心身の休養のために与えられる休暇」※3です。

法律で定められているわけではなく、会社が任意で定められる休日なので、必ずしもこの制度を取り入れているとは限りません。

取り入れていた場合、その会社の規定で定められた日数だけ、休暇を取ることが可能です。

独自の名称で同様の休暇を設置していたり、独自でユニークな休暇制度を設けている会社もあります。

どんな働き方してる?

パチンコ店の正社員ってどんな働き方をしてる?

ここまでパチンコ店の正社員の給与や待遇について見てきました。では、彼らは実際にどんな働き方をしているのでしょうか?

勤務時間と休日に分けてご紹介します!

勤務時間

多くのパチンコ店で「早番」と「遅番」の2交替制が採用されています。

早番と遅番の時間はおおよそ以下のようになります。

  • 早番…8:00~17:00
  • 遅番…16:00~24:00

地域によってまちまちですが、多くのパチンコ店は開店時間が9:00ごろ、閉店時間が23:00ごろとなっています。

早番の場合は、開店の1時間ほど前から始業して開店作業を行い、遅番の場合は、閉店後の1時間ほどで閉店作業を行い終業という形になります。

シフトの組み方は、1週間早番で勤務して、次の週は1週間遅番で勤務、というように、早番と遅番を交互に組むことが多いそうです。

周期は店舗によって様々で、1週間ごとの店舗もあれば、1ヵ月ごとの店舗もあります。

また、13:00~21:00ぐらいの時間に勤務する「中番」がある場合もあります。

希望を出せば早番のみなどのシフト固定をしてくれることもありますが、基本的に正社員は早番でも遅番でも出勤できることが求められます。

休日

パチンコ店での休日は、基本的に交替制ローテーション制になります。

休日の日数は多くの店舗が月6日~8日で、店舗によっては連休が取れるところもあります。

その他に、年次有給休暇や慶弔休暇、産休・育休などがあります。店舗によっては、お盆や年末年始の休暇に当たる季節休があります。

サービス業にとってお盆や年末年始は繁忙期になりますので、一般的な休日を避けて取得することになります。

一方で、平日に休日が当たることが多いので、平日しか開いていない役所や銀行、病院などにも行きやすく、土日・祝日に人の多い飲食店やショッピングモールなどもゆっくり楽しめるというメリットがあります。

パチンコ店がサービス業である以上、なかなか休日の希望が通りにくいことは考慮する必要がありますが、相談次第では希望日にお休みを取れる可能性もありますので、まずは相談してみましょう。

パチンコ店の正社員はメリットがたくさん!

パチンコ店の正社員で幸せになれる

パチンコ店の正社員はお給料や待遇などがとても手厚いことが分かりました。

その背景には、会社側の「入社した社員に長く働いてもらい、これまで積み上げてきたキャリアや経験を存分に活かしていってほしい」という思いがあります。

手厚い待遇があるからこそ、将来的に結婚や出産を考える女性も働きやすいですね。

 

パチンコ店のお仕事についてもっと知りたい!という方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

「パチンコ店で働くって、ぶっちゃけどうですか?」経験者にいろいろ聞いてみた!(前編)

パチンコ業界は待遇がイイって本当?注目すべき4つのポイント

女性も働きやすい!パチンコ店の職場環境って?

パチンコ店にはどんな仕事があるのか?-カウンタースタッフ編

なぜパチンコ業界が女性にとって働きやすいのか?

 

▼アルパパチンコで正社員のお仕事をさがそう!

 

【出典】

※1 厚生労働省 「賃金構造基本統計調査結果(初任給)」 (2017年調査)

※2 厚生労働省 「人を雇う時のルール」

※3 厚生労働省 「第112回労働政策審議改労働条件分科会資料」資料No.3 (2014年)

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

▼アルパパチンコTwitterはこちら