パチンコバイトの「伝わる」志望動機って?例文付き解説

パチンコ店でのバイトは、高時給・高収入なので学生さんにも大人気です。

いざ応募しようと思ったら、志望動機でつまずいてしまった…。そんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、パチンコバイトの履歴書・面接で使える、「伝わる」志望動機の作り方を例文付きでご紹介します!

 

志望動機でなにを伝える?

パチンコバイトの志望動機、理由は?

まずは、志望動機を伝える目的をきちんと理解しておきましょう。

パチンコ店の採用担当者は、志望動機を通してこのようなことを知りたいと思っています。

 

  • 仕事に対する思いの強さ
  • なぜパチンコ業界・このお店を選んだのか
  • バイト応募者の人柄・経験が、お店の雰囲気・方針に合うかどうか

「志望動機なんて適当でいいや」と思ってはいませんか。

採用担当者は、長く働いてくれるかどうか、一緒に働いていけるかどうかを志望動機を見て判断します。

そのため、パチンコバイトに応募する前に、「採用したい!」と思ってもらえるような志望動機を準備しておく必要があるのです。

しかし、実際の志望動機は「高時給・高収入だから」「家の近所だから」「たまたま求人広告を見かけたからとりあえず」…。

「こんなの志望動機にならない!」と思ってしまう前に、一度立ち止まって考えてみましょう。

工夫次第で「伝わる」志望動機になるかもしれませんよ。

ここからは、パチンコバイトを選んだ理由別に志望動機の作り方を例文と一緒にご紹介します。

「伝わる」志望動機の作り方

パチンコバイトの志望動機例文集

どうしてパチンコ店を選んだのか?

まずは、「どうしてパチンコ店を選んだのか」を掘り下げてみましょう。

  • 高時給・高収入だから
  • パチンコがすきだから
  • 接客スキルを上げたいから

などなど、様々な理由があると思います。

「パチンコ業界に興味があった」「パチンコ業界は接客スキルを磨けると聞いた」など、パチンコ業界そのものが応募のきっかけである場合、まずはそこをアピールしてみましょう。

 

▼志望動機例

「私には、パチンコ業界で仕事をしてみたいという思いがあります。パチンコ業界では、質の高いサービスを提供するための教育制度が充実していると聞き、先日初めてこちらのお店に訪れました。店内では、笑顔のスタッフさんに迎えられ、とても居心地のよい時間を過ごすことができました。周りを見ると、どのようなお客様が相手でも気持ちのよい笑顔で接しているスタッフさんばかりで、サービスの質の高さを身をもって感じました。アルバイトは初めてですが、私もこちらのお店で1から接客を学び、スキルを身につけたいと思います」

▼伝え方のポイント

パチンコ業界は、質の高いサービス提供を実現するため、社をあげて接客の教育を徹底しているところも少なくありません。

バイトデビューの場合は、制度の充実したところでしっかり勉強したい!という気持ちを押し出してみるのもよいでしょう。

それだけでなく、パチンコ業界は昇給制度や正社員登用制度など、待遇面がとてもよいところが多いのも特徴です。

パチンコ業界の待遇についてまとめた記事があるので、気になる方はチェックしてみてください。

このように、パチンコ業界だからこそ得られる知識や経験について、前向きな姿勢を示すことも大切です。

ただ調べたことを話すだけでなく、その制度によって自分がどうなりたいかを加えることで、等身大の志望動機を作ることができますよ。

そのパチンコ店ならでは!を見つける

パチンコバイト、そのお店ならでは

「パチンコ業界を選んだ理由」だけで志望動機を作ってしまうと、「パチンコ店ならどこでもいいんじゃないの?」という印象を与えてしまいます。

「パチンコ業界を選んだ理由」だけでなく、「どうしてそのパチンコ店を選んだのか」についても考えてみましょう。

 

  • 家や学校から近いから
  • よく行くパチンコ店だから
  • 高時給の広告を見たから

実際には、このような理由で選ぶ方が多いのではないでしょうか。

しかし、そのまま伝えてしまうと「自分のことしか考えていない」という印象を持たれてしまうためNGです。

「そのお店ならでは」の魅力を見つけて伝え方を工夫してみましょう。

 

▼志望動機例 その1

「私は、家に帰る途中など、よくこちらのお店の前を通ります。スタッフさんたちが忙しくしながらも気遣いを忘れず、お客様に明るい笑顔で接しているのを拝見して、とても素敵な空間だと感じました。スタッフさんひとりひとりの対応のなかに、お客様が過ごしやすいようにという工夫を感じ、こちらで一緒に働いてみたいと思うようになりました」

▼伝え方のポイント

この志望動機例は、「家や学校から近いから」という理由を発展させたものです。

そのままでは使えませんが、「家や学校から近い」からこそ気づけるものを探せば、「伝わる」志望動機に作りかえることができます。

このように、何度もお店の近くを通るならば、外から様子を見てみましょう。

「楽しそう」「働きやすそう」と思ったなら、それを志望動機として素直に話してみるのも効果的です。

「いつ見ても笑顔のスタッフさんがいた」「困っているお客様に精一杯対応しているところを見かけた」など、素敵だと思ったポイントを具体的に挙げるようにすると、より一層気持ちが伝わりますよ。

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

▼志望動機例 その2

「私は1年前にパチンコを始めて、こちらのお店にも何度か来たことがあります。若い方から高齢の方まで幅広いお客様がいらっしゃいますが、スタッフさんがそれぞれのお客様のタイプに沿った話し方をされているのがとても印象的でした。そのお姿を拝見して、どのようなお客様に対しても、気持ちのよい対応ができるような接客スキルを身につけたいと思い、こちらのお店を選びました」

▼伝え方のポイント

「パチンコがすき」、または「パチンコ店にお客さんとして入ったことがある」場合は、「お客さんの目線で見たパチンコ店」が志望動機になることがありますよね。

色々なお店で遊んだことがあるならば、そのお店にしかない特徴をより明確に話すことができるのではないでしょうか。

「お客さんとして見た店内がとても整備されていて快適だった」「こんな対応をされて嬉しかった」という具体的な経験をもとに、「こんな職場で働いてみたい」「ああいう風になりたい」と話せば、伝わりやすくなりますよ。

接客経験を活かしたい!

パチンコ店でのお仕事といえば、接客がメインです。

未経験でももちろん大丈夫ですが、接客経験がある方やコミュニケーション能力のある方は重宝されますよ。

過去に接客経験がある場合は、それを全面に押し出してみましょう。

 

▼志望動機例

「御社の求人広告の『接客のプロへと育成する』という言葉に惹かれて、志望しました。2年間勤めたレストランでは、来店された順番や滞在時間を把握し、注文を伺うタイミングやお皿を下げるタイミングなどに気をつけて、お客様が快適に過ごせるような空間作りに努めました。もっと幅広いお客様に通用する接客スキルを身につけたいと思いましたので、これまでの経験を活かしながら新しいことを吸収し、『接客のプロ』になりたいと思っています」

▼伝え方のポイント

接客の経験があれば、そこでの具体的なエピソードを話してみましょう。

パチンコ業界でのバイト経験がなくても、即戦力として好意的に捉えてくれるかもしれません。

短期間で様々なバイトを転々としている場合は、辞めた理由を聞かれる可能性がありますので、答えを準備しておきましょう。

 体力をアピール!

パチンコバイトには体力が必要です。

パチンコ玉のたくさん入った「ドル箱」を運ぶ仕事はもちろん、それがなくとも1日中立ちっぱなし・動きっぱなしになるため、採用担当者も体力面を気にしている場合があります。

部活などの経験から体力に自信がある場合は、それもアピールしてしまいましょう。

 

▼志望動機例

「私は、お客様目線を第一とする御社の考え方に惹かれ、アルバイトを志望しました。最近はドル箱を廃止するパチンコ店が多いですが、御社はお客様が楽しく遊ぶことができるようにと、あえてドル箱を残しているとお聞きしました。仕事をする上で、お客様に喜んでもらえるかどうかを大切にしたいと考えているため、御社で働きたいと思いました。私は中学・高校とバスケットボール部に所属し、毎日の練習に励んで参りましたので、体力には自信があります。そのため、ドル箱運びの面でもお力になれるかと思います」

▼伝え方のポイント

パチンコ店で一番の体力仕事は「ドル箱」運びです。

最近では、「各台計数システム」を導入し、「ドル箱」を廃止する店舗も多くなっています。

まずは自分の体力を考え、どちらのシステムを導入しているお店にするか考えましょう。

その際は、「ドル箱」に対するお店のスタンスを確認しておくことも大切です。

単に設備の導入が間に合っていないこともあれば、出た玉が視覚的にわかることを楽しんでいるお客様の気持ちに応えて、あえて「ドル箱」を残している場合もあります。

体力に自信があるのであれば、「ドル箱」の残るお店に挑戦し、そのこだわりに共感するところから始めてみるのもよいでしょう。

高時給・高収入を志望動機にできる?

パチンコバイト、高時給・高収入を志望動機にできる?

パチンコ店をバイト先に選ぶ方の多くは、高時給・高収入であることを理由にしています。

もちろんそのまま伝えることはできませんが、工夫次第で立派な志望動機になりますよ。

 

▼志望動機例

「私は、御社の評価制度をとても魅力的だと感じています。勤続年数に関係なく、勤務態度や日々の仕事ぶりを正当に評価していただけるため、自分自身の成長をより身近に感じられると思いました。高い評価を得ている先輩スタッフさんたちの動きを見て、よいところを素早く吸収していきたいです」

▼伝え方のポイント

「高時給だから選びました」と言われても、あまりよい気はしませんよね。

でも、「お給料のことしか思いつかない!」という場合は、そのパチンコ店の高時給・高収入のヒミツを探ってみましょう。

大半のパチンコ店には、昇給・昇進につながる社内の評価制度があります。

評価の条件は様々ですが、一定の基準をクリアすれば、昇給したり特別な手当をもらうことができます。

正社員だけでなく、アルバイトにも階級を設定し、その階級が上がるごとに昇給するシステムを設けていることもあります。

その場合は、「こんな評価制度があるから頑張れる!」という伝え方に挑戦してみましょう。

そうすると、「お給料のことしか考えていないな」という悪い印象を与えてしまうのを防ぐことができますよ。

パチンコバイト志望動機のポイント

パチンコバイトの志望動機、ポイント

パチンコバイトの志望動機に悩んだら、以下のことに注意して考えてみましょう。

 

  • パチンコ業界をバイト先に選んだ理由を考える
  • そのパチンコ店をバイト先に選んだ理由を考える
  • そのパチンコ店ならではの特徴を探す
  • 接客経験や体力など、パチンコバイトでアピールできる長所を探す

「接客スキルを磨きたい」「パチンコ業界に興味がある」など、そのまま使える志望動機であれば、より深みを出すための具体的なエピソードを盛り込むことで、ぐっと「伝わる」内容に近づきます。

「高時給・高収入だったから」「家から近いから」など、自分の都合ばかりだなと感じたら、言い換える方法を考え、「ぜひ一緒に働きたい!」と思ってもらえる志望動機を作りましょう。  

 

▼アルパパチンコで【学生歓迎】のお仕事を探す!

 

▼パチンコバイトについてもっと知りたい方は、こちらもチェック!

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

▼アルパパチンコTwitterはこちら