子ども部屋を作ろう!レイアウトをご紹介!

子どもが過ごしやすい子ども部屋を作ろう!レイアウトもご紹介!

子どもが大きくなってくると、子ども部屋をどうすべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

特に小学校入学を控えた子どもがいる場合、勉強机の置く場所や増える教材の収納など、悩むことが増えます。

どんなレイアウトにする?何に注意したほうがよい?など、子ども部屋で気になるポイントやレイアウト例を紹介します!

子ども部屋って作るべき?

子ども部屋って必要?

そもそも子ども部屋って作るべきなんでしょうか?

小さいうちはあまり必要性を感じないかもしれませんが、子どもが大きくなれば、やはり必要になってくるものだと思います。

子ども部屋を作ることは、子どもにとって次のようなメリットがあります。

  • 子どもが何かに集中できる環境を作れる
  • 1人になりたいときに誰にも邪魔されない空間ができる
  • 子どものプライバシーが尊重される

子どもだとしても、1人で集中して何かをしたいときもあれば、家族に見られたくないこともあります。

そういった時に自分の世界にこもれる空間があることは、子どもの心の成長にプラスに働くことでしょう。

また、自分の部屋を持つことで、部屋を片付けたり、掃除したりと生活のスキルも身に付きます。

住んでいるお家によっては、部屋数が少なく子ども部屋が作れなかったり、作れても兄弟と共同だったりと、家庭によってどんな子ども部屋が作れるかは異なりますが、可能な限り、子どもが1人で集中できる環境を作ってあげるのがよいでしょう。

子ども部屋作りで注意すること

収納しやすく勉強に集中できる子ども部屋づくりを

子どもが片付けやすい収納

子どもが成長するにつれて、とにかく物が増えます。

子どもが小さいうちはおもちゃが、学校へ通うようになると勉強道具が増えます。

また、体が大きくなればその分着る服のサイズも大きくなるので、服が収納に入りきらなくなってしまう、なんてことも。

実際に、筆者が子どものころには服が入りきらなくなって困りました。

子ども部屋を作る時に、どのように収納を確保するかはとても重要です。

子どもの成長を見越して、余裕のある収納を準備できればGOOD。

 

一方で、しっかり収納があっても、子どもが片付けしにくい収納だと自分で片付けができず、汚部屋になってしまったり、片付けはママが担当なんてことになりかねません。

そうならないためにも、子どもが自分で片付けしやすいように、収納を工夫してみましょう

例えば、クローゼットの中に棚や引き出しを置いてみたり。

最近は自由に組み合わせて使えるカラーボックスなどの収納グッズが安く購入できます。

また、100円均一ショップでも、収納グッズが多数販売されているので、そういったグッズを使うのもよいでしょう。

子どもと一緒に、何をどこに片付けるかを決めておけば、部屋をきちんと片付ける習慣ができてよいですよ。

勉強と遊びは切り分けて

小学校に入学すると、毎日宿題をしなければならなくなります。

その際に、勉強に集中できる部屋になっているかどうかは、今後子どもが勉強を頑張れるかどうかにも影響します。

子どもが勉強中に、おもちゃやゲームなどの遊び道具が視界に入ってしまうと、勉強へ集中できなくなってしまうことも。

やはり楽しいものが目の前にあればやりたくなってしまうもの。

勉強するときは勉強に、遊ぶときは遊びにしっかり集中できるよう、子どもが頭の切り替えをしやすいようなレイアウトの部屋にしましょう。

例えば、「1つの部屋の中で勉強するスペースと遊ぶスペースを分ける」、「勉強机におもちゃやゲームを置かない」のような方法があります。

1つのことにしっかり集中できる環境を作っておけば、それがその子にとっての習慣となるので、何事にも集中できる子になります。

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

子ども部屋のレイアウトご紹介!

子ども部屋を作るときに悩むのが部屋のレイアウト。

ここでは3つのパターンの子ども部屋を紹介します。

女の子の部屋

色使いやインテリア、壁紙までかわいいが詰まった女の子の子ども部屋

まずは女の子の部屋。全体をピンク系統の色で統一しています。

目を引くのが正面の壁紙。ピンク地に花の模様と妖精のシルエットが描かれていて、かわいいもの好きの女の子は大喜びでしょう。

大きな窓のある部屋なので、部屋自体も明るいですし、勉強机は窓際に配置しているので勉強中も手元が明るいです。

部屋の照明もころんとした温かみのあるライト。とにかくかわいいが詰まった部屋ですね。

女の子の部屋を作る際に気を付けたいのは窓です。

レースのカーテンを閉めていても、夜になれば部屋の中が外から丸見えになることも!

すぐ向かいに建物があった場合、部屋の中が丸見えだったりと防犯上も心配な点がありますので、大きな窓のある部屋を女の子の部屋にする際は、周辺の状況をよく確認しておきましょう。

男の子の部屋

シンプルで広々とした男の子の子ども部屋

続いては男の子の部屋です。

広々とした部屋はシンプルにまとめられています。

シンプルなので、子どもが大きくなっても問題なく使えますし、部屋へ友達を呼びやすいですね。

壁面に備え付けられた横長の机は、片側を勉強用に、片側を遊び用に使えば、勉強と遊びで切り替えて使えるのでGOOD!

男の子の部屋を作る際に気を付けておきたいのは広さです。

特に子どもがやんちゃな場合、広めの部屋のほうがのびのびと遊べるのでオススメです。

兄弟や姉妹の部屋

2段ベッドで部屋を広々を使った兄弟や姉妹2人の子ども部屋

兄弟や姉妹で1つの部屋を使う場合のレイアウト。

部屋の中央壁際にかわいらしい2段ベッドを置いて、部屋を広く使っています。

勉強机も左右に分けておけば、それぞれのパーソナルスペースが確保できるので、学校の宿題にも集中して取り組めます。

また、子どもが小さいうちは部屋で一緒に遊んだりと、家族のコミュニケーションを大切にしやすいレイアウトですね。

子どもが大きくなっても、2段ベッドの配置を変えたり、カーテンやパーテーションを使うなどして部屋を区切れば、それぞれのプライベート空間を確保することが可能。

子どもが小さいうちから1人部屋を持たせるのが不安な方にもおすすめのレイアウトです。

子どもにとって最良の空間を

子どもにとって最良の環境づくりが重要

どんな子ども部屋を用意するかは、子どもの今後の成長に大きく関わってきます。

とは言っても、ママだけが気負っていてはいけません。

子どもとどんな部屋にしたいかしっかり話しながら、子どもが過ごしやすい、子どもにとって最良の空間を一緒に作っていくのが一番です。

 

▼アルパパチンコで【主婦・主夫歓迎】のお仕事を探す!

 

子育てについてもっと知りたい方はこちらもの記事もチェック!

学童保育とは?働くママが押さえておきたい基本を解説!

保育園から幼稚園へ転園、メリットデメリットは?

子育てにはお金がかかる!子どもにかかる費用を解説

料理ベタでも大丈夫!便利グッズでカンタン可愛いお弁当

親子で楽しむ「リンクコーデ」でおしゃれ上級者になろう!

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

▼アルパパチンコTwitterはこちら