子育てにはお金がかかる!子どもにかかる費用を解説

子育て世代は何にお金がかかる?みんな何を節約している?ママはどんな我慢をしている?

子育てにかかるお金はどのくらい?

子どもを育てる家庭が抱える悩みといえば「お金」です。

「子育てにはお金がかかる」とよく聞きますが、具体的にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか。

子どもの大学卒業までにかかる費用

子どもが親の手を離れるまでにかかる養育費・教育費を算出してみると、1人当たり以下のようになります。

【養育費】出産から22年間(大学現役入学→卒業)の場合:1,640万円 ※1

(内訳)

  • 出産・育児費用:約91万円
  • 22年間の食費:約671万円
  • 22年間の衣料費:約141万円
  • 22年間の保健医療・理美容費:約193万円
  • 22年間のおこづかい額:約451万円
  • 子どもの私的所有物代:約93万円

これは10年以上前の金額なので、今はもっとかかると思われます。

また、教育費については、

【教育費】幼稚園から大学卒業までの平均 ※2

《すべて公立(国公立大学)の場合》 約1,000万円

《すべて私立の場合》 約2,300万円

よって、養育費+教育費は

  • すべて公立の場合で 約2,640万円
  • すべて私立の場合で 約3,940万円

かかることになります。公立と私立では、約1,300万円もの差が出てくることが分かりますね。

年間の子育て費用

次に、1年間でどれほどの費用がかかるのか、子どもの成長段階ごとにあげてみましょう。

1年間にかかる子育て費用は1人当たり以下のようになります。※3

  • 未就園児:84万3,225円
  • 保育所・幼稚園児:121万6,547円
  • 小学生:115万3,541円
  • 中学生:155万5,567円

こちらも10年近く前の金額なので、今はもっとかかると思われます。

国税庁によると、平成28年時点での日本の平均給与が421.6万円なので※4、年収の実に4分の1近くが子育て費用になることに。

ただ、この金額はあくまでも平均値ですので、子どもの通う学校が公立か私立かで金額は変わってきます。

では子どもの通う学校が公立か私立がで、1年間の費用はどれほど変わるのでしょうか。

1年間の学校教育費※5のみに焦点を当てると、以下のようになります。※6

幼稚園 小学校 中学校 高等学校(全日制)
公立 12万546円 6万43円 13万3,640円 27万5,991円
私立 31万8,763円 87万408円 99万7,435円 75万5,101円

 

1年間で見ても、公立と私立で最大で約86万円もの差が出ています。

さらに課外活動や習い事、塾などの費用をプラスすると、子どもの教育にかかる1年間の費用はかなりの金額になると考えられます。家計をいかにやりくりするかが重要なポイントになってきます。

貯金は子育て費用捻出のため!

ミキハウス子育て総研が子育て世代へ行ったアンケートによると、貯金や積立の目的1位は「子どもの教育・学資」のためという結果が出ています。※7

Q.貯金や積立(保険含む)の目的は、主に何ですか?(複数可)

子どものいる家庭は、なんのために貯金をしているか

みなさん、将来的には子どもの教育費がかかることを見すえて、という現れでしょう。他にも、少しでもよい教育を受けさせたい、好きな習い事をさせてやりたいという思いもあるのではないでしょうか。

児童手当(当時は子ども手当という名称でした)の支給スタート時のアンケートでも、下記のような回答になっています。 ※8

Q.支給された子ども手当は実際、何に使った(使う予定)ですか?(最大5つまで)

支給された児童手当は、なにに使っているか

毎月支給される児童手当も、「1位:貯金」「2位:習い事や家庭教材」というように、子どものために使われていることがほとんどです。

子どものために支給されるお金なので、子どものために使うのが当たり前という意識があるからかもしれません。

このように、子どもがいる家庭では、収入の大半が子どものために使われています

子育て中のパパ・ママのおこづかいは?

次に、パパ・ママが使えるお金はどのくらいあるのでしょうか? ※7

Q.パパのおこづかいは毎月いくらですか?

お父さんの毎月のおこづかいは何円か?

 

パパが毎月自由に使えるおこづかいは、30,000円以下が45.2%です。

「特に決まっていない」という人も25.1%いるので、使うことがあれば、その都度出しているということでしょう。

 

一方で、ママのおこづかいはというと

Q.ママのおこづかいはどうしてますか?

お母さんのおこづかいは「ない」という家庭が約半数

 

「おこづかいというものはない」が48.7%で、約半分の人が決まったお金は確保していないようです。これは、主婦が多いからという理由もあるでしょう。

同じアンケートで、「お財布のヒモはパパとママのどちらが握っていますか?という問いについて、お財布のヒモを握っているのは、「ママ(おこづかいをパパにわたす)」と答えた方が半数以上の56.4%でした。

自分の収入がある場合でも、家計のバランスを考えながら、ときには自分の貯金を崩して、なんとかやりくりしていることが分かります。

こうして見ると、子育てをしている家庭では収入の多くを子どものために使ったり、貯金に回したりしており、特にママが自由に使えるお金は、ほとんどないようです。

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

子育て費用のために何を節約している?

では、子どものいる家庭は何を節約して、育児にかかる費用を捻出しているのでしょうか?

独身者が多い20代と、結婚を経て子どもを育てるようになる30代では、お金の使い方や意識がどう変わったかをまとめました。※9

【現在お金をかけているもの】

■20代→30代で「お金をかける」がアップ

1位 子供のための教養・勉強にかけるお金 31.1% UP↑

2位 ふだんの食事にかけるお金 6.8% UP↑

3位 老後の暮らしの準備にかけるお金 6.7% UP↑

■20代→30代で「お金をかける」がダウン

1位 趣味にかけるお金 19.9% DOWN↓

2位 外出着にかけるお金 19.9% DOWN↓

3位 装飾品・ファッション小物にかけるお金 14.0% DOWN↓

やはり子どもに一番お金をかけるようになってきています。

2位の「ふだんの食事にかけるお金」もグルメになったというわけではなく、子どもがいるため食費がかかるようになったからでしょう。

そして、お金をかけなくなったのは「自分のこと」。趣味やファッションには興味も出なくなり、お金も削るようになったという、少し悲しく感じる結果です。

 

【今後(も)節約したいもの】

■20代→30代で「節約したい」がアップ

1位 趣味にかけるお金 7.6% UP↑

1位 家電品にかけるお金 7.6% UP↑

2位 車にかけるお金 6.9% UP↑

■20代→30代で「節約したい」がダウン

1位 レジャーにかけるお金(旅行を除く) 2.6% DOWN↓

2位 健康・リラックスにかけるお金 1.0% DOWN↓

3位 老後の暮らしの準備にかけるお金 0.8% DOWN↓

節約に関しては、20代から30代で大きく変わることはないようで、アップ/ダウンの幅は7.6%以下です。

 

そして、30代が「節約したい」ことは、

1位 通信にかけるお金(電話、携帯電話、インターネットなど) 53.1%

2位 外食にかけるお金 50.9%

3位 ふだんの食事にかけるお金 48.1%

4位 ふだん着にかけるお金 34.0%

5位 車にかけるお金 29.9%

となっています。

30代になると、趣味/家電/外食を節約したいと思うようになり、レジャー/健康・リラックス/老後へのお金は節約しなくてもよいと思うようになっているようです。

削れるところを精査して、贅沢をしないようにという心がけが見られます。こういった努力を重ねて、子育てにかかる費用を捻出しているのですね。

子育て費用のためにママはがんばっている!

子育てのストレス1位は「お金がかかる」!ママのイライラの原因はもしかしたら「お金がない!」という余裕のなさからかもしれません

ここまでの結果を見てみると、子どもがいる家庭では「子どものために何かをしてやること」が最優先となり、反対に自分のことは後回し、というかまったく手間をかけなくてよいと感じるようになっていることが窺えます。

子どもは何ものにも換えがたいものですし、素晴らしい喜びをもたらしてくれることは間違いありませんが、一方で、子育てには金銭的な負担が大きくのしかかってきます。

実際に、子育ての悪い面の1位は「経済的に苦しくなった」(55.2%)、さらに子ども・子育てに対する不安や悩みの1位は「子育てにかかる金銭的負担」(57.5%)という調査結果※10が出ています。

子どもが成長するにつれ、学費や習い事の費用となにかと入用になり、職場復帰を考えるママも多いでしょう。普通に働きながら家事も育児も、と自分のことは後回しで頑張っているママをよく見かけます。

しかし、ママだってときには休みたいことや遊びたいことだってあるでしょう。

働きながらも子育てを楽しみ、ストレスの少ない生活を送れるように、アルパ編集部は、子育て世代や主婦の方を応援する提案を今後もしていけたらと思っています。

 

▼アルパパチンコで【高収入・高時給】のお仕事を探す!

 

子育てとお金についてもっと知りたい方はこちらをチェック!

子育て中でもしっかり稼げる!高時給のおすすめお仕事教えます!

【保育料無償化】いつから始まる?いくらお得になる?

シングルマザーの収入・働き方は?【実例ご紹介!】

【短時間×高収入】働くママにパチンコ店パートをおすすめする3つの理由

保活したママさん教えて!保育園選びや見学のポイント

 

☆データ出典

※1 AIU 保険会社『現代子育て経済考』2005 年度版

※2 文部科学省 平成21年度文部科学白書 第1章 家計負担の現状と教育投資の水準

※3 内閣府 「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」 

※4 国税庁 「民間給与実態統計調査結果」(2016年調査)

※5 保護者が子どもに学校での教育を受けさせるために支出した経費。給食費は除く。(文部科学省より)

※6 文部科学省 「子どもの学習費調査」(2016年調査)

※7 育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com Weekly ゴーゴーリサーチ「我が家のお財布事情チェック!」(2018年2月調査)

※8 育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com Weekly ゴーゴーリサーチ「”子ども手当の使い道は?”」(2010年6月調査)

※9 博報堂生活総合研究所「生活定点」調査 (1992年~2016年調査)

※10 連合(日本労働組合総連合会)「子ども・子育てに関する調査」(2013年5月調査)

 

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

▼アルパパチンコTwitterはこちら