【2018年】ファッションに取り入れるならこの色!”ビジョナリーミント”ってどんな色?

2018年流行色をウェア、メイク、ネイル、小物にオシャレに取り入れよう!

2016年夏頃、まったく聞いたことのない単語が突然現れ、その後一気に世間に定着しました。

“バーガンディ”

これが何であるかは、いまや常識です。「赤褐色」のことですね。

この単語を多くの方が知らなかったのは本当に一時のことで、2016年冬には女性たちが一斉にバーガンディを着ることになり、知り合いと被りにかぶりまくった苦い経験があることでしょう(笑)

この突然わき起こる流行色は、どのように決められ広まっていくのでしょうか?

 

流行色はどうやって決まる?

日本の流行色は、日本流行色協会が決める

(※1)

今年の流行色(トレンドカラー)は、実は2年前に選ばれています。

 

まず、インターカラー(国際流行色委員会)という組織において、加盟国(16カ国、日本では日本流行色協会が参加)が提案する色を各自会議に持ち寄ります。

それが実シーズンの2年前で、6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーを選ぶことになります。

この時点では、特定の1色が決まっているわけではなく、大きな方向性、カラーの世界観を決めるだけです。

インターカラーという組織が世界の色のトレンドを決める

(※2)

次に、このインターカラーでの提案を受けて、日本では1年半前にカラートレンドを発信する組織「日本流行色協会(JAFCA)」において、国内市場向けのトレンドが話し合われます。

日本独自の流行色を選定するということです。

生活者の志向やマーケットの動向調査なども加味され、アパレルメーカーや自動車メーカーなどから集まった専門委員も一緒に選定します。

この時に、正式にトレンドカラー(JAFCAファッションカラー)が決定します。

 

インターカラーおよびJAFCAのトレンドカラー情報は、世界で最も早い時期に選定されているため、トレンドの最先端として多くの人が注目しています。

シーズンごとのトレンドカラー情報発表後に、ファッションなどの業界が商品化→マスコミなどによって広く発信→我々ユーザーに定着していくことになります。

 

JAFCAの選定するJAFCAファッションカラーは、レディスやメンズなどの分野別にカラーパレットという形で発表していますが、その情報を踏まえながら毎年1回、「今年の色」としてその年のムードを象徴する1色を選んで発表しています。

 

2018年の色

2018年のトレンドカラーをファッションに取り入れよう!

(※3)

2018年の色は、色名:ビジョナリーミント Visionary Mint  (マンセル値:2.5B9/2.5 (ベリーペールブルー))です。

選定の背景ですが、JAFCAは次のようにあげています。

 

「Visionary ビジョナリーとは、「将来を見通した、想像力のある」などの意味を持つ言葉です。

混迷を極める時代に風穴を開けて、明るく、爽やかに進んでいきたいという気持ちを込めて選定しました。

その理由として、以下3つのキーワードをあげたいと思います。

【将来を見通した、想像力のある、独創的】

【爽やか、軽さ、透明感】

【きれいな空気と水】

(JAFCA「色のコラム」218.1.1より抜粋)

 

JAFCAの選んだ「今年の色」というのは、ファッションだけにとどまらず、その年のムード全体を象徴する「テーマカラー」と言えるものです。

世界にただよう雰囲気や私たちの気持ちやをリードしていくものを「色」に象徴させた、ということになります。

今年、2018年は「何かを切り開いていく」「オープンにしていく」という前向きな意味を含んだ、とても爽やかな色になっています。

 

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ

 

 

 

組み合わせるならこんな色

2018年の色「ビジョナリーミント」と組み合わせるならこんな色

(※4)

「アソートカラー」とは、”サブカラー”とも呼ばれるように、ベースカラーを補完する色となります。

ベースカラーを「ビジョナリーミント」とした場合、組み合わせるとすればこのような色がマッチします。

ここに、更にアクセントカラー(差し色)を入れれば、オシャレに仕上げることができます。

 

2018年の流行色でコーディネートするならこんな感じ♪

 

左)クラシックバーガンディとミントの相性は最強です。

淡い色だと膨張して見えがちですが、ボトムスを濃い色で引き締めることですっきりとまとめることができます。

 

中央)スペイスブラックをトップスに持ってくれば、オフィスでもミントを着ることが可能に。

そのままではシンプルすぎるので、アクセントとしてパンプスをフレグラントライラックにして、上品さを兼ね備えた垢抜け感をプラスしました。

 

右)明るいイエローを組み合わせればジーンズカジュアルにも着こなせます。

メイクにマットオレンジのチークを使えば、顔の近くのミントと相まって、クリアでいきいきとした表情に見えます。

 

レディスウェア

先ほどの「2018年の色」を選定する際の基となっている「JAFCAファッションカラー」についても、以下にご紹介します。

これは様々な分野のモノづくりのプロに向けて、今後有力になるだろうというカラーの方向性を年に2回(春夏、秋冬)発表しているものです。カラーはいくつかのグループで提案され、それぞれテーマ名がつけられ、そのカラーのムードをわかりやすく解説しています。

 

 テーマ:“UTOPIA” ユートピア

とにかく大切なのは日々の暮らしであり、何かに守られているという安心感を求める人が多いのではないだろうか。

一方で、何かポジティブなパワーや突き抜けた楽しさがあったらと思ったりもする。そんな気分に沿うカラーはどんな色だろうか。

(JAFCA「2018年春夏JAFCAレディスウェアカラー」より抜粋)

 

2018年ファッション(レディスウェア)の流行色

2018年メイクやネイルなどオシャレに取り入れるならこの色!

(※5)

 

メンズウェア

テーマ:“Pray for Peace” プレイ・フォー・ピース

混沌とした世界情勢や先行き不安の拭えない時代にあって、人々が目指すべき新たなる“幸せ”価値観をリードイメージとして、またその“幸せ”価値観をポジティブに楽しもうとするもの。

そのため総体的にピースフルでハッピーイメージのカラー提案が拡大している。

(JAFCA「2018年春夏JAFCAメンズウェアカラー」より抜粋)

 

2018年メンズウェアの流行色はこんな色

2018年男性ファッションのトレンドカラーをチェックしてみよう

色さえ押さえれば、流行のファッションは難しくない

 

(※6)

色彩だけでなく、素材感も分かるので便利です。そして、バリエーションもあるため、すぐにでも取り入れることができそうですね。

それぞれの選定理由については、JAFCAのサイトに詳しくありますので、気になる方は見てみてください。

 

まとめ

ネイルやメイク、ヘアカラー、小物などにも流行色は反映されます。

そして、ファッションだけにとどまらず、商品やパッケージにも用いられ、例えばインテリアや車などもその年らしさが現れます。

「色」を意識して生活してみると、それだけでも楽しく前向きに感じられます。

いち早くトレンドをつかみ、時勢に乗って、「色」のある毎日を楽しんでみてください。

 

ライフスタイルに関する情報をもっと知りたい!という方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

【30選+17単語】海外セレブ&インフルエンサー御用達ハッシュタグを解説!

親子で楽しむ「リンクコーデ」でおしゃれ上級者になろう!

無料で遊べる!子どもと行きたい、遊具充実の岡山の公園10選

【ハーフバースデー】かわいい写真がとれる!簡単手作りアイテム6選

料理ベタでも大丈夫!便利グッズでカンタン可愛いお弁当

 

☆出典

JAFCA「色のコラム」他参照。画像(※1~6)についても、JAFCAサイトから転載(※6のみ一部加工)

☆執筆・取材協力

一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)

 

 

▼アルパパチンコで【ネイルOK】のお仕事を探す

 

短時間で高収入!パチンコ専門求人情報アルパパチンコ