「働いてよかった」と思えるお店に ーTEXASグループ・副主任Mさん

広島のパチンコ店テキサスグループの副主任にインタビュー

 

TEXASグループの副主任Mさんは、アルバイトからのスタートで3年後に社員となった。

その後、社員歴3年ですでに副主任のポジションとして、ホール運営や人事の管理を任されている。

将来の夢は「店長になること」と語ってくれたMさんに、パチンコ業界で働く魅力ややりがいを教えてもらった。

 

他業界から転職して成功

転職して成功。より接客業が面白いと思えるようになった

 

――このお仕事は、どんなきっかけで始めましたか?

学生時代にパチンコ屋さんでアルバイトをしていて、そのときに携わっていた経験から接客業の面白さというものを感じていました。

大学を卒業後、一度はまったく違う業界に就職したのですが、諸事情でそこを辞めた後に「やっぱり接客業かな」と思いまして、今の仕事に就くことを決めました。

他の業界を経験したことで、接客業のほうが自分に合っていると、よりいっそう実感するようになりました。

私は基本的に人とお話することが好きなので、パチンコのことやそれ以外の普段の何気ない会話など、勝敗以外の部分でもお客様がお店に来て楽しんでいただけているというところが魅力で、チャレンジしてみたいなと思いました。

 

――やりがいやうれしいと感じることはどんなことでしょうか。

初めてお越しいただいたお客様に、2度3度と来ていただけるようになることですね。なかなか難しいことなんですけれど・・・

「あぁ、来てくれるようになったんだな」と思えたときは、本当にやりがいにつながります。

そんなリピーターのお客様を増やすために、現場の最前線に立っているアルバイトスタッフに接客の指導をしたり、「初めてのご来店かな」と思うお客様には空気を読みながらも積極的に話しかけます。

「初めて来られたんですか?」というような形からお声をかけて、話の幅を広げていきます。

そして、次に来ていただいたときに話しかけてくれたりすると、やりがいになりますね。

 

――反対に、大変だと思うのはどんなことですか?

大変さは感じないです。

難しいなって思うところは、部下の社員やアルバイトを管理するというところです。

個々の強みや弱み、想いをまとめて、良いチームワークに持っていくことやチーム作りには難しさがあります。

基本的にみんなでお店を回していくので、一人一人が想いをもってやってほしいと思います。

単に「言われたことだけやっておけ」という形では、スタッフそれぞれが働く上で面白くありませんから。

その人その人に合わせた指導方法が必要で、言葉の選び方や伝え方など、男女の違いや年齢差もありますので、単に「教える」「伝える」といっても簡単ではないと感じます。

 

お店で働いた経験が人生にプラスになるように

アルバイトからスタートして正社員になれるパチンコホールスタッフのお仕事

 

――今の職場で魅力に思っていることを教えてください。

夢や目標に向かって取り組みやすい、チャレンジしやすい環境だと思います。

意見が言いやすかったり、「こういう風にしたほうがいいんじゃないか?」と思ったときに、それらを伝えられる相手やセクションがあります。

実行に移す機会を作ったり、思ったことを形にできる環境があるので、「とりあえずやってみよう」という気持ちで毎日仕事に取り組めます。

失敗したらしたで、原因を考えて次に活かして次に向かえる前向きな空気があるのも魅力だと思います。

 

――将来の夢はありますか?

将来の夢は店長になることです。

アルバイト・社員問わず、一緒に働いているスタッフがいずれは辞めるときが来ると思いますが、辞めた後に「働いてよかったな」と思ってもらえるようなお店を作っていきたいと思います。

「あのお店で働いたことが就職活動や人間関係の構築につながった」と思えるように。

このお店は、スタッフの年齢が幅広いので、初めて働く学生さんにも挨拶の仕方を覚えたり、働くことがどんなものであるか知ってもらえるような場にしたいと思っています。

 

(インタビュー・テキスト:岡優作 編集:木山裕美子)

 

▼テキサスグループ HP

コメントする