友達にもすすめたい仕事! – マルハチ清心町店・ホールスタッフKさん

岡山のパチンコ店「マルハチ」スタッフインタビュー

岡山市内の大学に通う3回生のKさんは、先輩から今の仕事を紹介されました。でも、最終的に働くことを決めた理由は「興味本位です(笑)」と明るい笑顔で答えてくれました。

パチンコ業界で働く前と後のギャップや、実際に働いてみて感じた魅力について教えてもらいました。

イメージを覆してくれた

プライベートと両立できてしっかり稼げるバイト

――以前はどんなアルバイトをしていましたか?

ここで働く前は、居酒屋でホール担当をしていました。学生スタッフが多く勤務していましたし、私の周りにも飲食店で働く友人が多かったんです。

――なぜバイトを変えようと思ったんですか?

飲食店のバイトはシフトで「ラストまで」と決まっていても、お客さんの退出が遅くなると閉店業務もずれ込んでしまうことが多くて…”何時に終われるのかが明確ではない”ということが気になっていました。

それから、居酒屋は夕方以降の勤務が基本ですよね。予定がない休日でもお店のオープン時間に合わせたシフトなので、働く時間帯が決まってしまいます。

もう少し時間に融通の効くアルバイトはないかな?と探していたところ、大学の先輩からすすめられたんです。

――働いてみる前はどんなイメージを持っていましたか?

スロットで遊ぶどころかスロット専門店に入ったことすらなかったので、テレビドラマなどでよく見る「怖いお客さん」とか「クレーマー」のイメージしかありませんでした(笑)

それから、自分に対しても「スロット店で働いている自分は周りからどのように見られるのだろう?」という不安がありましたね。

――実際に働いてみてどうですか?

お客様については、いろんな世代の方がいらっしゃることと、同時に誰もが「純粋に遊技を楽しみにいらっしゃっているんだ」と知って、自分の抱いていたイメージがただの固定観念だったことに気づきました。

自分の知らない世界を知ることができて、毎日楽しく働けています。パチンコやスロットが好きな友人と会話が広がることもよくあるので「仕事をしてて良かった!」と思うことが増えました。

働き方なんですが、平日は夕方からラストまで、土日祝はオープンから夕方までなど、その日の都合によってシフトの組み換えをしてもらえています。

勤務時間を調整してバイトの前後で友達と遊びに行くなど、前より予定が立てやすくなったのが嬉しいです。ラストまでの勤務の日も、シフトで決められた時間より遅くなることはないので安心です。

「大学生にこそすすめたい」3つのメリット

シフト柔軟で高時給

最後にKさんに、「大学生として、今のお仕事にはどういうメリットがあるか?」を聞いてみました。

1.他のアルバイトと比べて時給が良い

Kさんは授業以外にサークル活動もしているので、同世代の学生スタッフよりは勤務時間が少ないですが、それでも平均月6万円くらい稼げているとのこと。

働き方はスタッフによって様々ですが、大学生であれば「空きコマ」+「夕方~ラスト」+「休日フルタイム」で月20万円近く稼いでいるスタッフも多数いるそうです!

 

2.シフトは店長に相談して、こまめに調整OK

マルハチではオープン~ラストまで自己申告制でシフト調整をしてもらえます。

1日最短2時間の超短時間勤務が可能なので、空きコマに勤務することもできますし、時給がアップする休日にはガッツリ勤務するというように、自分で働き方を決めることができます。

 

3.年齢が近い人、同じ大学、友達同士で働ける

マルハチ清心町店は、岡山駅西口にある様々な大学に近いこともあり、大学生のスタッフがたくさん活躍しています。

近い年齢層や同じ大学の人たち、友達同士で働けるので安心ですし、スタッフ同士の仲もとても良いそうです。

また、パチンコ・スロットのことを知らなくても、先輩スタッフが一から教えてくれますし、お互いにフォローしあいながら働ける環境になっています。

 

(インタビュー・テキスト・撮影:宮尾紗英 編集:木山裕美子)

 

▼マルハチグループ のお仕事一覧はこちら

▼ MARUHACHI HP