お客様との会話が楽しくて仕方がない!ー マルハチ・ホールスタッフTさん

岡山のパチンコ店「マルハチ大安寺店」

 

大安寺マルハチには、お客様に人気のホールスタッフがいる。

ホールに入った彼女とお客様の会話が自然に始まる。「元気にされてましたか?」「今日の調子はどうですか?」と彼女も自らどんどんお客様に話しかけていく。

いつも笑顔で本当に楽しそうに仕事をする彼女がいるだけで、お店の雰囲気は和やかになるようだ。

大安寺マルハチのホールスタッフ・Tさんに「どうしてそんなに楽しく仕事ができるのか?」を聞いてみた。

 

▼マルハチグループ のお仕事一覧はこちら

 

▼ MARUHACHI HP

 

仕事は楽しい方がいいに決まっている!

ーー このお仕事は、どんなきっかけで始めましたか?

元々、姉がこのお店で働いていて、仕事が楽しいっていう話を聞いていたんです。制服もカワイイし、ちょっとした憧れもあったと思います。

私は今まで、居酒屋で働いたり、介護の仕事をしたりということもあったので、人と接することが好きで、自分には絶対向いてるって思ってたんです。

あとは、給与にも惹かれて。それらがポイントになって応募しました。

 

パチンコ店ホールスタッフのお仕事

 

ーー 今の職場の魅力を教えて下さい。

職場の雰囲気がとっても良いことが自慢です。いろんな個性の人が、本当に適材適所で働いていてチームワークが出来ているなって感じます。

あたり前ですが、仕事って楽しい方がいいと思うんです。だから仕事を教える時も出来るだけ楽しく教えることを心掛けています。

もちろん失敗した時には、なんで失敗したかを考えるといったメリハリは大事ですけど。それがきちんと出来ている職場だと思っています。

 

「楽しい」と感じてもらえる雰囲気づくり

高時給高収入で働ける

 

ーー やりがいや嬉しかったことは、どんなことですか?

お客様と楽しくお話をすることが何よりもやりがいになります。いろんなお客様が来店されて、勝っている方はもちろんですけど、負けている方にも楽しんでもらえるように心掛けています。

せっかく来ていただいたのに、楽しくなかったっていうことがないようにしたいんです。

先日も負けていた方がいたんですけど、いろいろお声かけをしていたら、お帰りの時に「負けちゃったけど、いろいろな話が楽しくできたから良かった!次は勝てる気がする。ありがとう」って言ってくださって。その時は本当に良かったって思いました。

忙しくてお客様とお話しをする時間が充分に取れない時には、逆にお客様の方に気を遣わせてしまって、「こっちはいいから、あっちに行っておいでよ」って言われることもあって。その時は、まだまだ接客が充分に出来ていないなって反省してますね。

その分、次に来てくれた時には楽しんでもらえるように心掛けています。

もちろん中には気難しいなって思うお客様もいますよ。最初話しかけても、あんまり反応が良くなくて・・・でもそういう方ほど「仲良くなりたい!」って思って、合間を見て話しかけてたら、最後には笑顔で答えてくれるようになったんです。

お客様の数だけいろんな“ありがとう”を言っていただけるから、お店での接客が楽しくて仕方がないんです。

 

大当たりのお客様とハイタッチ!

ーー お仕事で一番大切なことはなんでしょうか?

接客で大事なのはどんな時も笑顔で一生懸命なことだと思います。

私もこの仕事で玉箱をひっくり返したり、つまずいたり、いろんな失敗をしました(笑)

でも、「普段一生懸命笑顔で頑張っている人だから、それくらいの失敗大丈夫だよ」ってお客様に言われて、やっぱり笑顔で頑張ることが大切だなって思いました。

だからお客様とはとにかく楽しく会話することを心掛けているんです。

ちょっと前には盛り上がりすぎて、大当たりが来たお客様とハイタッチして喜んだこともあって(笑)そうやって一緒に喜びあえるのが嬉しくて、本当にこの仕事をしていて良かったなって思いました。

 

マルハチ大安寺店ホールスタッフのお仕事

 

ーー 最後に、働く方へメッセージをお願いします!

パチンコの知識がなくて不安という人もいると思いますが、私自身もパチンコのことを全然知らずに入社したのですが大丈夫でした。お客様も詳しく教えてくれますし(笑)

大切なのはお客様に寄り添う接客をすることだと思います。お店には高齢の方も来店されるのですが、お孫さんの話を聞かせてくれたり、旅行の話を聞かせてくれたり。結構パチンコ以外の話で盛り上がることもあるんです。

大切なのは、お客様に楽しく過ごしてもらえる時間を提供していくことだと思いますよ。

 

▼マルハチグループ で一緒にお仕事しましょう!

 

(インタビュー・テキスト 杉野孝幸 撮影:阿部克彦 編集:木山裕美子)